全国の隠れた逸品やこだわり商品を産直お取り寄せ



ご利用可能なお支払方法

サイドバナー1
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
休業日
 
 
 
 
 
 
会社紹介
 

ご挨拶


明治時代、『子宝に恵まれますように』との願いが込められてつくられた小牛田まんじゅう。
国産小豆を炊き、薄皮をかぶせて蒸す製法は、創業当時から変わりません。白くしっとりした薄皮の中にびっしりと粒餡が詰まっています。甘さ控えめで、一口でもほおばれる手ごろな大きさ。 ひとつならず2つ、3つとついつい手が伸びてしまう素朴な和菓子です。
山の神まんじゅう本舗村上屋の創業は110年以上前の明治33年(西暦1900年)。
現在は4代目が小牛田まんじゅうを引き継いでおります。
変わらぬおいしさをどうぞお試しください。


村上屋  運営責任者  村上 正衛



山田孝雄(やまだよしお)氏による社名です。
山田氏は1873年(明治6年)生まれの明治・大正・昭和期の国語学者。日大講師・東北大教授をへて、1940年(昭和15年)皇学館大学初代学長。1957年(昭和32年)文化勲章を受章。村上屋二代目村上勝衛と交流があり、社名を書いていただきました。



山田孝雄(やまだ よしお)
1873〜1958年(明治6年〜昭和33年)明治・大正・昭和期の国学者。 富山県出身 富山中学中退独学で各種の教員免許状を得、文博となった。 日大講師・東北大教授をへて、1940(昭和15年)皇学館大学初代学長。 1944年貴族議員、1945年国史編集院院長。
独自の理論体系で文法研究を行い、綿密な語学的注釈によって 国文学の研究を行った。また国粋主義者として活動したため 敗戦後公職追放を受けたが、1957年文化勲章を受章した。
著書「日本文法論」1902年(一部)、1908年 「平家物語につきての研究」全2巻、1911〜14年 「奈良朝文法史」1913年 「万葉集講義」1928〜37年


会社概要

販売業者山の神まんじゅう本舗 村上屋
創業明治33年(西暦1900年)
運営統括責任者村上 正衛
所在地宮城県遠田郡美里町字藤ヶ崎町73(JR小牛田駅より徒歩1分)
電話番号0229−33−3333
FAX番号0229−33−3331
URLhttp://www.murakami-ya.com/
Eメールkogota@murakami-ya.com
営業日時8:30〜17:30
定休日毎月第2・第4月曜日(祝日の際は翌火曜日)
8月のみ第1・第4月曜日



ページトップへ